2018年 11月 07日 ( 1 )

成功例と失敗例

ペコ現在14歳4ヶ月
私がお風呂から出るのを洗濯機の上で待ってます

f0166234_23451503.jpg



チー子、現在8歳3ヶ月

f0166234_23452441.jpg



ペコが6歳の時に生後21日で我が家に来たチー子

f0166234_23453706.jpg

クロ、チビ、パンたちとは喧嘩をすることも無くペコはすくすくと大人になり油断してしまった私


チー子が3ヶ月位の時でしょうか、チー子の体の2ヶ所が腫れていて化膿していました
直ぐ、病院へ行き化膿止めの注射をしてもらいましたが、結構ひどくて・・・
どうもペコが爪で引っ掻いたようです、チー子は化膿しやすい体質の様で・・・
そんな事が3回も続き
思い切ってチー子の部屋に柵を作ってもらったのです

チー子3ヶ月の頃

f0166234_23454778.jpg

猫が焼きもちを焼くと言うのは考えたことが無かったのが私の失敗です

ボランティアさんの話によると、子猫を保護したときは人や猫達が集まるリビングに子猫を大きなケージに入れて
常にみんなに子猫を見せるのだそうです

私は仕事にかまけてチー子を部屋に長く隔離してしまい、時々チー子を皆の処に出して仕事に行ったのが失敗でした

柵越しにしか面会できないペコとチー子
柵越しにチー子はペコの尻尾をチョイチョイするのですが、ペコはそれを許さず凄い顔で「シャー!」

現在、チー子をリビングに入れる時はペコをゲージに入れて
ペコをチー子の部屋に入れる時はチー子をキャリーに入れてます


そして最近サビ猫つながりで知り合った「ボルドーとペンペン草」の asakoさんの例

1歳3ヶ月のサビ猫ボルドーちゃんと生後3ヶ月のキジトラ♂の絹ちゃん (写真お借りしました)

f0166234_23455887.jpg

asakoさんは慎重に慎重に2にゃんを見守り試行錯誤しながら無事、2にゃんが仲良く成りました
大成功でしたね

オンニャの子と男の子と言うのも良かった気がします

そして絹ちゃんがボルドーちゃんの事が大好きで大好きで

ボルドーちゃんが一時は疲れ果てて体調が悪くなり病院へ行ったこともありましたが
何とかそれも克服してボルドーちゃんが、ちゃんと絹君を教育してる様です

ボルドーちゃんが絹君の毛づくろいをしてる様子を見てジ~ンとしてしまいました~

f0166234_00461608.jpg

我が家もペコとチー子のツーショットを何時か見ることが出来るのでしょうか

そんな事を夢見ています・・・


↓ボルドーちゃんと絹ちゃんの仄々とした姿、宜しければ観に行って下さい




↓ポチッと応援お願いします!!!
      

 ありがとうございます!


by m-k7538itami | 2018-11-07 00:50 | 家の猫 | Comments(9)