オーバ君 さようなら

    kazさんちのオーバ君、7日の早朝旅立ってしまいました
    お昼会ってきましたが、とても綺麗なお顔で眠ってる様でした

    お外猫だった6年半前 (推定2歳の頃)
 
f0166234_1361823.jpg
   
    
    暑い夏でした オーバ君暑くてダラダラ・・・・
f0166234_1381965.jpg


    ペンタの魚眼だったでお鼻が大きく写ってますが
    オーバ君はカメラ目線で、とってもイケニャんでした016.gif
f0166234_1391715.jpg
    この後、オーバ君のファンだったkazさんがオーバ君の怪我が元で保護
    めでたくkazさんちのお家にゃんこに成りました

    kazさんは沢山の病気の=^_^=達を保護したけれど、オーバ君はkazさんにとって特別な=^_^=だった気がします

    とっても良い子でお家や病院でも先生たちに大人気だったオーバ君

    kazさんちの子で良かったね
    オーバ君さようなら・・・・

    kazさんのブログには素敵なオーバ君が居ます コチラ→「photo essey]




 ↓ポチッと応援お願いします!!!

  

    ありがとうございます!

by m-k7538itami | 2017-01-08 02:04 | 日々の事 | Comments(8)
Commented by kaz at 2017-01-08 07:17 x
クニさん、オーバのことありがとうございます。
亡骸にも会ってくださり嬉しかった。
お花もいつもありがとうです!
昨日中にお骨になって帰ってきました。

外のオーバはすぐゴロンゴロンで なつっこかったですねぇ。。。
病院でもほんと人気者で人を惹きつける何かを持ってたんでしょか。
オーバは性格でいうと、何か考えてるようで 実はなんも考えてないちょっと間の抜けたタイプ(笑
決して賢くはなかったんですが その代わりに有り余る愛嬌が備わってましたね^^
落ち着いてておとなしく飼いやすくて手のかからない いい子ちゃんでした。

彼の抜けた穴はとても大きく、
今朝起きてオーバがいないの無茶苦茶寂しく感じてます。
やっぱ存在感すごかったんやなぁとしみじみ
ミケやん同等 これからも心の中でずっと特別です。


追伸:福桃さん、虎猫さん、クロpapa さん、前ブログであたたかいお言葉ありがとうございました。
この場を借りてお礼申しあげます。
Commented by 371230 at 2017-01-08 08:17
猫の力はすごいなぁ!会ったことも見たこともないオーバ君ですが
泣けて仕方ないです
苦しみも悲しみもないところへ行けたことは良かったと思ってあげないといけないんでしょうが

つらいなぁ…
Commented by tarohanaazuki at 2017-01-08 08:29
オーバ君、初めまして!
初めましてが虹の橋を渡った後なのが残念です!
一足先に逝った、我が家のビビリ猫はっぴぃをよろしくね!
虹の橋の向こうで苦しみのない生活を満喫してね♪
行ってらっしゃい!!!

飼い主様、どうぞ今はいっぱい泣いて、1日も早くオーバ君に笑顔を見せてあげてください♪
Commented by やらいちょう at 2017-01-08 08:41 x
安らかに旅立ったのですね。
きっと幸せな猫生だったと思います。
心より御冥福をお祈り申し上げます・・・。
Commented by kazutanumi at 2017-01-08 08:42
オーバー君、綺麗な八割れのイケニャンですね。
残念なことに虹の橋を渡ってしまったようですが、お悔やみ申し上げます。
飼い主さまに保護されてしあわせな時間を過ごしていたでしょう。
そして飼い主さまもオーバーくんから沢山癒されていたようですね。
本当に猫って素晴らしいです。
Commented by ぱんとら at 2017-01-08 19:39 x
開高健のエッセイタイトルにもあるオーパ!君と思ったら、
オーバ君だったんですね。思わずネーミングの由来まで遡って拝見しました。
人懐っこくて人気にゃんだったんですねぇ。
外猫さんだったのをお家に入れてもらって
kazさんに看取って貰って、まちがいなく幸せだったでしょう。
オーバ君、安らかに。。。

Commented by のんスケ at 2017-01-09 10:22 x
オーバくん、ハンサムですねえ! 特に、上から1枚目と2枚目の写真が好きです♪
そのオーバくんも、もう逝ってしまったんですね…。知らないネコちゃんなのに、とっても淋しいです。
Commented by 福桃 at 2017-01-09 10:29 x
オーバー君逝ってしまったんですね。
虹の谷では、みんな仲良くできるのかな?
そうならいいな。

KAZさんは、病気の子や怪我した子を引き取ってお世話する、
私が福麻呂を看たように、それを何度もしているんですね。
辛いことの経験がKAZさんをより優しくさせているんですね。


<< 朝めし前にゃ! 伊丹昆陽池公園の鳥達 >>