クロ姉さんのこと・・・・

 
   クロ姉さんが居なくなって12日目

    クロ姉さんって、こうしてみると表情が色っぽい037.gif(4年前)
f0166234_23563794.jpg


    被り物は100%オッケーだったね(昨年)
f0166234_23581581.jpg


   クロpapaさんちのクロちゃんへのプレゼントに試着してもらった写真(昨年)
f0166234_23593423.jpg


   お鼻に水を付けて(5年前)
f0166234_012694.jpg


   友人に頼まれてご飯を上げだした頃のクロちゃん(生後4ヶ月位)
   余り可愛い=^_^=では無かったけれど037.gif
f0166234_02814.jpg
   結局、ミイラ取りがミイラに成ってしまって008.gif


    闘病生活

    5月末に急にご飯を殆ど食べなくなり、病院で腎臓病と診断されました
    注射と点滴と腎臓病の薬を飲みながら毎日a/d缶を2回給餌
    貧血も酷く、何しろ水の飲み方が半端なく、オシッコの量も人間並み
    色が全くついてなくて猫独特の匂いも無い、獣医さん曰く毒素が体に
    溜まってるとのことでした

    それでも9月頃には少し元気が出てきて、ドライフードや缶詰を食べるようになり
    私の膝にも上がりたいと鳴く様になりました

    11月に入り不自由な左の前手がクネクネと曲がり、正常に歩けなくなりました
    やがて、抱くと腹圧が掛るのか、必ず大量のオシッコを飛ばし、終わるまでそのまま
    待っていました
    点滴に行っても症状は変わらず・・・・
    3匹=^_^=団子をしてる処でa/d缶を食べさせるようにしました

    とても辛そうな表情に、なるべく構わないことに決めました

    そして、チビ、パンのベッドで迷惑を掛けてはいけないと思ったのか
    フローリングの上に敷いていたペットシーツの上で仕事に行ってる間に
    息を引き取っていました,、そんな=^_^=なんです
    まさかこんなに急に・・・・

    一緒に居れなくて可哀想な事をしてしまいました

      
    居なくなってからは、ガリガリに痩せた元気のないクロ姉さんの姿ばかりが脳裏に浮かび
    辛くて家に居たく無かったけれど、そうも行かず・・・・


    今日はやっとクロ姉さんの元気な頃の写真を選びながら
    洋猫に近いフワフワな毛並み、お目々パッチリのクロ姉さんをみて
    親ばかだけど、クロちゃんって美人だったんだ~なんて037.gif

    17歳近く長生きできたのだから、大往生だったのかな~なんて


    すみません、クロ姉さんの話、長くなってしまいました     


  ↓ポチッと応援お願いします!!!



   ありがとうございます!
by m-k7538itami | 2014-11-29 00:48 | 家の猫 | Comments(15)
Commented by ちか at 2014-11-29 05:06 x
おはようございます。ほんとクロ姉さんってとても綺麗な顔立ちでしたよね。
お目目がくりくりとしていて♪
うふふ~仮面ライダーのかぶりものバッチリ決めてくれてましたね。
お鼻に水つけてるショット~~アップが可愛い。

闘病生活は本当に辛いですよね。猫さんも辛いしなにより飼い主もとことん辛くなる。
美味しいものが食べれなくなるのはほんとに悲しいと思う。
よく頑張ったよ。
そうですよね、17歳はかなり大往生。クニさんの家に来てとてもとても
幸せだったはず(o^-^o)そして感謝してると思うな。
Commented by sakiyukisabi at 2014-11-29 07:37
4ヶ月のクロ姉さん、
仔猫なのに黒毛が美しい魅惑的なこと(=^. .^=)ミャー
写すのが難しい黒い子をきれいに撮ってられますね、

クニさんの細かな経過はとても為になります、

出来事に弱くて情けない飼い主なのでなお更です、
猫べったりもホドホドにしないといけません^;

Commented by rainy871 at 2014-11-29 09:21 x
大丈夫、大丈夫! 皆さん、クニさんと同じ目線で、同じような気持ちでクロ姉さんのこと思っていますから! 
穏やかな表情で、クロ姉さんクニさんのこと見ていますよ、きっと!
Commented by surigon at 2014-11-29 10:54
猫で17年は長生きだと思いますが、クニさんにとってはまだまだだったのでしょう。
きっと、まだ近くにいますよ。
たくさん思い出話を聞かせてください。
Commented by fu-and-boro at 2014-11-29 11:32
クロちゃん、
ほんとうに綺麗なねこちゃんでしたよ。
黒猫さんってちょっときつい感じなのですが
クロちゃんはお目々ぱっちりで可愛かった。
むかし、私も黒ネコを飼っていた。
今のように頻繁に写真張り撮れなかった時で写真はあまりない。
クロちゃんに会うのがたのしみでした。
また思い出話し聞かせてね。
Commented by まちゃこ at 2014-11-29 15:19 x
クロ姉さんはとっても美人さんでしたね(*´∀`*)
歳を重ねて、病気になっても、凛とした雰囲気が
素敵だったなって思います。
ウチの先代さんは老衰だったので、闘病生活は
経験した事がないのですが、クニさんの献身的な
お世話の様子を伺って、クロ姉さんは最後まで
本当に幸せだったのではないかと思いました。
また、少しづつでも良いので、クロ姉さんとの
思い出を聞かせてくださいね(*´∇`*)
Commented by ちょこ at 2014-11-29 22:14 x
クロ姉さん、穏やかな猫さんでしたね。
被り物なんでもOKなのは、何されても大丈夫との
信頼関係なのでは、と思います。
クニさんちの猫ちゃんたちはみんな、お目目パッチリ
まん丸目の子ばかりですが、クロ姉さんはその筆頭ですね。
可愛い。
ずっと可愛いです^^。
クロ姉さん、辛い闘病生活も頑張って耐えてくれましたね。
生きてここに暮らすことが幸せだから。

「とても辛そうな表情に、なるべく構わないことに・・」
というクニさんのお言葉に、胸が締め付けられます。
クニさん、どうかゆっくり休憩してください。
クロちゃんも虹の橋でのんびりゆっくり待っていてくれると思います。
Commented by nico. at 2014-11-29 22:41 x
クロちゃん、まんまるでフワフワで、本当に
可愛い奇麗なネコちゃんでした。
最期をベッドではなくペットシーツの上でという
お話を読んで、クロちゃんがいかに賢くて
いかに優しいネコさんだったか、伝わります。
穏やかで気の利くクロちゃんの存在は、家族みんにゃ
の頼れるおねえにゃん的なものだったでしょうから、
残ったみんにゃもしばらく寂しいだろうな・・・。

クロちゃん、17歳ですか。
大往生ですが、もっともっと、ずっとずっと一緒に
いたかったクニさんの気持ち、痛いほどわかります。
寂しいですよね。
でもまたいつか、クニさんの思い出の中のクロちゃんが
元気だった頃のクロちゃんのお顔になるよう願って
おります。元気出してくださいね。
Commented by davico at 2014-11-30 00:09
クロちゃん、ちゃんとその人その場所を
選んで旅立ったのですね。きっと。
立派な子です。
闘病生活は本人もご家族も辛かったことでしょう。
今は苦しみから逃れて、
空の上で楽しくおいしいモノ食べて、
走り回ってますね♪
Commented by perversity at 2014-11-30 09:50 x
クニさん、おはようございます。

本当にクロ姉さんは色っぽかった。
早々と悲しみは癒されませんが、
でも、クロ姉さんはクニさんの所に来て幸せだったんですよ。
今頃はお空からクニさんの事を見ていると思いますよ。
他のニャン達と元気一杯、遊んでいることでしょう。
Commented by 虎猫 at 2014-11-30 12:10 x
おつらい時期ですね・・・。
突然、涙が出てきて、こまりますね。
それだけ、愛情に包まれていたクロ姉さん
幸せな猫ちゃんです。
たくさん、泣いてあげてください。
闘病日記とっても
参考になりました。
無理に元気出すことはないです。
でも、お仕事ありますからね・・・。
忙しい方が、なんとか、
やりすごす時間ができると思って
時のたつのを待つしかないですね・・。
Commented by tsuchi1414 at 2014-11-30 13:47
また 4にゃんちゃんに戻ったのですね、
今は ぽっかり穴が開いたような空虚さがあるのではないかと想像致します、
寂しいでしょうね 日々の生活をこなすことで時に癒されましょう。
Commented by 黒猫房 at 2014-11-30 19:32 x
17歳ですかあ。大往生ですよ。
猫の死に目に会うのは哀しく辛いですよね。
僕も最初の保護猫を病気で看取った時は、号泣しました。
Commented at 2014-12-01 23:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yokopiyon at 2014-12-12 13:31
はじめまして…
我が家の黒猫さんも虹の橋を渡って行ってしまいました。クロ姉さんと天国で会ってるかもしれないですね。クロ姉さん、我が家のクロちゃんをどうぞ宜しくお願いしますね。
<< かじり虫返上 デジブック(秋の奈良公園) >>